中2生へのアドバイス(11月)

『うっかりミス』タイプ別撃退法!
これまで受けたテストで、わかっていたはずなのに『うっかりミス』で間違えてしまったという経験をした人も少なくないんじゃないかな? 今回は、『うっかりミス』をどうすれば防げるかをタイプ別に紹介するよ。


■書き間違いが多い「わかったつもりタイプ」

おおざっぱに「わかった・覚えた」つもりになっていると、このタイプのミスをしやすい。テストで○をもらうには「正しい答え」を「正しい字」で書かなきゃいけないんだ。このタイプのミスが多い人は、見て覚えるだけの勉強じゃなく、必ず“書いて覚える”勉強に切り換えよう。もちろん、そのときも「正しく」書けているか、教科書と照らし合わせることを忘れずに!

×閉じる

■簡単な問題なのに×?! 「不注意タイプ」

どうして間違えたのか自分でもわからない…そんな問題はなかったかな? これは思い込みや記号の書き間違いなど、最後まで問題に集中していなかったからかも。この手のミスを防ぐには何よりも“見直し”が一番だよ。簡単な問題こそ気がゆるみやすいから、「これで大丈夫」なんて油断することなく、解いたあとは必ず見直すようにしよう。

×閉じる

■問題文を最後まで読まない「あわてものタイプ」

問題文に「正しくないものを選べ」とあるのに正しいものを選んだり、「漢字で書きなさい」とあるのにひらがなで書いたりと、問題に合わない答え方をしてしまうのがこのタイプ。もしかしたら時間などが気になって、あわてて問題文を読み飛ばしてしまっているのかも。このタイプの人におすすめのトレーニングは、普段から「問題文は最後まで読む」と決めて、必ず守ること。さらに「○分で解く」と時間を意識して、問題に取り組むこと。これをくり返していくうちに、時間にせかされて読み飛ばすことは少なくなるはず。問題に取りかかる前に深呼吸して、心を落ち着かせてからトライすることを心がけよう!

×閉じる

ページの上へ