中2生へのアドバイス(4月)

中2生の「今のうちに」、ぜひやっておきたいこと

中2生は、後輩の面倒をみたり、部活や行事の中心として活躍したり、とっても充実する学年だ! でも、充実した時間はあっという間に過ぎてしまうもの。今のうちに、いち早く「入試」のことを知って、やるべきコトをどんどん進めていかなくちゃね!



入試から見える! 中1・中2範囲の大切さ
今春行われた29年度埼玉県公立入試では、中1・中2範囲からも多く出題されていた。中1・中2範囲は中学の学習の土台でもあり、とっても大切。中2範囲は授業でしっかり身につけていこう。でも、中2生の勉強に追われてしまうと中1範囲の復習がなかなかできなかったりする。そこで、1学期前半の今のうちに中1範囲で苦手な部分を克服しておこう!



効率よく中1範囲の復習をして、「苦手」をなくそう!
中1範囲の復習って言っても、中1生の教科書を最初から読み直していったら時間がかかっちゃうよね。そこで、短期間で効率よく復習できる方法を考えてみよう。

まず、中1範囲の問題集(薄めのもの)を各教科1冊ずつ用意し、最後までやってみよう。1回目は、解いていて「これでいいのかな」と思った問題には△、間違えた問題には×をつけていこう。△や×のついた問題は、教科書に戻り単元ごとに見直してもう一度解き、さらに類題にも挑戦。これを繰り返して、最後には△や×のつく問題がなくなるようにしよう。これに加えて、中1生のときのテストで×だったところの単元を集中的に復習するのもおススメだよ。さらに、×だった問題を抜き出して「苦手ノート」としてまとめておくのもいいね! このノートを、テスト前はもちろん、定期的に見直すようにすれば、「苦手」が「得意」に変わる可能性もあるぞ。ぜひ試してみてね!

ページの上へ