中1生へのアドバイス(12月)

冬休みは「ベンキョウ寒稽古」で学力アップを狙っちゃおう!
期末テストが終わったら、もうちょっとで冬休み。クリスマスやお正月も楽しみだけど、約2週間も休みになる冬休みは、今までの学習内容がきちんと理解できているかを振り返って、さらに力をつけるチャンス!
そこで今回は、学力アップのための“ベンキョウ寒稽古(かんげいこ)”を紹介するよ。


ベンキョウ寒稽古① 期末テストに再チャレンジして、弱点とおさらば!

「えー、どうして終わったテストをわざわざやるの!?」なんて言わずに、冬休みに入ったら、1日1教科ずつ、国・数・英・社・理の5教科の期末テストに再チャレンジしよう!
期末テスト本番のときよりも、キミはいい点を取れるかな?
実際に解き直してみると、「あれ、テスト本番では解けたのに、できないぞ!?」「あっ……、ここはテスト本番でも失敗したな」など、忘れちゃった部分や勉強不足を放っておいた部分に気づくはず。5教科すべての再チャレンジが終わったら、解けなかった部分を徹底的に復習しよう。教科書を読み直したり、問題集で類似問題を解いたりを繰り返して、「わからない!」を「わかった!」に変えていくんだ。
こんなふうに、期末テストを使ってキミの弱点をなくしていこう!

×閉じる

ベンキョウ寒稽古② 英単語の猛特訓で、英語の達人を目指そう!

中学から本格的に始まった英語の勉強。早くも苦手意識を感じている人もいるんじゃないかな。でも、中1の今なら、まだ誰もが英語の達人になれる可能性を秘めているよ!
英語の達人になるために、まず必要なのが“単語力”。
英語で「冬」ってなんていうんだっけ? 「December」って何月だったかな? 中1で習う単語は約600語。この冬休みに、これまでに習った単語をまるごと復習しておこう! まずは「1日に教科書○ページ分を復習する」など、毎日やるべきノルマを決めて、次の手順で“英単語寒稽古”に取りかかろう。

①その日に復習する分の英単語を単語カードに書き出し、ウラ面に意味を書く。
②ウラ面の意味を見て、その単語が正しく書けるかを、ノートに書いてチェック。
③正しく書けなかった単語は、ノートに10回ずつ書き取り練習。
④すべての単語のチェック・書き取り練習が終わったら、もう一度単語カードで、その日に復習した単語がすべて正しく書けるか再チェック。
⑤もし書けない単語があれば、再度書き取り練習。

この手順で冬休みにコツコツと復習を続けて、キミも英語の達人を目指そう!

×閉じる

ページの上へ