中1生へのアドバイス(11月)

☆キミのテスト対策を点検!
秋は文化祭などの行事や部活の秋季大会などに追われ、「あっという間に時間が過ぎちゃう!」と感じる人も多いはず。そんななかでも、定期テストにはしっかり対策を立てて臨みたいよね。
今回は次の定期テストに向けて、キミの取り組みを点検してみよう!


◇テスト前はしっかり勉強計画を立てている?
テスト前には、きちんと時間をとって勉強しているかな? 「これまでは一夜づけで乗り越えてきた~」なんていう人は、要注意! 直前に知識をつめこんでも、すぐに忘れちゃうから学力の定着にはつながらない。これからは学習内容もどんどん深くなっていくから、しっかり復習しておかないとテストでいい結果が出せないよ。
そこで、次の定期テストでは2週間前になったら、「テスト対策特別版」の勉強に切り替えよう! たとえば、テレビを見る時間を少し減らす、ちょっと早起きをするなど、いつもより30分でも1時間でも多くテスト勉強の時間を作るんだ。そして「月曜日は数学、火曜日は英語……」のように、“いつ、何を勉強するか”具体的に考えてみよう。テストまでに全教科の復習が終わるように、計画を立てて進めていくのがポイントだよ。


◇「ハテナ」を解決してテストにのぞんでいる?
高得点をねらうには、テスト範囲の「ハテナ」、つまり“理解不足の部分”を残さないことが大切。
そこで、テスト勉強の最初の1週間は、全体の“おさらい”を中心に進めよう! 教科書やノートの見直しをしながら、「ココが苦手そうだ」とか「理解できていないな」というところを、「よしっ、わかった!」になるまで徹底的に復習していこう。
そして、次の1週間に“仕上げ”として、問題演習にチャレンジ! 教科書やワークなどの問題を実際に解くことで実戦力が上がり、自分では気づかなかった「弱点」も発見できるよ。
“テスト範囲のおさらい”&“仕上げの実力養成”の2段構えで「ハテナ」をすべて解決し、定期テストの成績アップをめざそう!

ページの上へ