中1生へのアドバイス(4月)

☆中1生のスタートが大事! デキル中学生への第一歩とは?
中学校の授業が始まって、「小学校とはずいぶん違うぞ」と感じている人も多いんじゃないかな。中学校の勉強は覚えることが多いし、内容もぐっと深まる。しかも定期テストもある! そんな中学校の勉強をバリバリこなしていくためのカギになるのが、実は学校の授業。「授業に集中すること」が、デキル中学生への第一歩なんだ!

○授業に集中するための3つのコツ
【予習でポイントをはっきり!】
あらかじめ授業の予習をして、わからないところをはっきりさせておこう。そして、「コレを理解するぞ」と意識して、授業にのぞむんだ。「コレが知りたい」と目的を持っていれば、先生の話を熱心に聞くようになるし、授業にも自然と集中できる。もちろん、学んだことが着実に身につくように、授業が終わったあとは復習をすることも大事だぞ。
【先生のサインに注目!】
先生が「ここは大事」と言ったところや、時間をかけたり、何度も説明したりしたところは、授業の重要ポイント。そんな“先生のサイン”にも注目しながら授業を受けよう。サインをキャッチしたら、先生の説明をよーく聞くこと。ノートに書きとめたり、教科書に印をつけたりして、あとで復習できるようにチェックしておくことも忘れずにね!
【ノートにもひと工夫!】
実は「考えをメモしながら授業を受ける」ことも、集中するコツなんだ。たとえば、ノートの1ページを左右2つに分け、左に先生の板書を、右にキミの考えをメモするという“ノート術”もあるぞ。メモの方には、授業の重要ポイントや、先生の話を聞いて「なるほど」と思ったこと、疑問に思ったことなどを書きとめるようにするんだ。疑問は必ず先生に質問して、その答えもメモしておこう。こうすると、ノートをとりながら授業のポイントが整理できるし、あとで見直したときにもわかりやすいよ!

ページの上へ